頑固オヤジの暇つぶし2017

<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

コアジサシの背景

ビルの背景でダイブ
この後の水面でピントが外れるんです。
肝心の時に外すんですが、私の人生によく似ています。
e0108233_1011744.jpg
7Dでの撮影なので35ミリ換算で480ミリです。
犬の散歩をしながらコアジサシのダイブが見られるんです。
あと何日かで旅立ってしまうんですね。
e0108233_1041216.jpg
「ワォ」と声を上げる程近くで捕食する事もあるんです。
ワイドレンズでも撮影出来そうです。
e0108233_1082890.jpg
近くに繁殖地があるんでしょうか?
工場の屋根の先に50羽近くのコアジサシらしき群れが舞っているのが
双眼鏡で見えました。
画像では見えませんね。
e0108233_10361587.jpg
この浜に捕食に来るのは少ないですが、
縄張り意識のあるコアジサシもいる様で
空中戦とまではいきませんが、追い掛け回します。
e0108233_10413584.jpg
直ぐに決着がつき、またダイブを見せてくれます。
観客としては長い浜辺なのだから
仲良くして、何羽もあちこちでダイブをしてくれたら良いと思うのですが
自然の厳しさを知らない呆け老人のあまさですね。
e0108233_10423615.jpg

[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-27 10:11 | コアジサシ

コアジサシの背景

夕方になると会いに行くんです。
砂浜に
色々ドラマがあるんです。
飛び込みシーンを撮りたいのですが、上手くいきません。
今日はラブシーンが撮れちゃたんです。
人などが写りこんだ画像は要らないし、良くないので削除するんですが、
これを消すには忍びない程、好く撮れちゃったので(素敵なカップルです)
e0108233_22411432.jpg

[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-26 22:46 | コアジサシ

コアジサシの捕食

トリミング無しで撮れたら最高なんでしょうけど!
e0108233_7391986.jpg

捕食の為に一羽で来ます。
夕方、運が良ければ3度位チャンスがありますが
コアジサシは外敵が多く、年々数が減少、今のうちに見ておかないと見られなくなるかもしれません。
ハトにも追いかけまわされたり、私の行く所ではコアジサシは集団では見られなくなり、二羽でのバトルが時々です。渡の初め頃は20羽は飛び回っていたのに、淋しいかぎりです。
近くに繁殖地があるのでしょう、狩りに成功すると工場の屋根を越えて見えなくなってしまう。
そして暫らく来ない、、、、、
撮影者としては何度も失敗する事を願ってしまう。
繁殖地には近寄ってはいけないと思うので、気ままにチャンスを待つしかない。
e0108233_1273696.jpg
公園の浜辺は子供達や幼児が水遊び
アベックもチラホラ(高校生のアベックも多いが気分を害するのは私だけではないだろう)
トレーニングする若者
ダイエットのジョギング主婦
何故か、私よりも年上の老人のトレーニング風景も
学生の砂浜筋トレ、
気にせずに、コアジサシは捕食する
e0108233_1274996.jpg

[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-26 07:40 | コアジサシ

コアジサシ

残念でした?
捕食を出来なかったから
違うんです。ピントがきてたのに
コアジサシの白い羽根の1/3が白とびしているんです。
e0108233_2362542.jpg
ピクセル等倍切りだし
良い感じのピントなのに残念です。
e0108233_2311165.jpg

[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-24 23:07 | コアジサシ

ニコン モナーク 5 20×56

日曜日のソフトの試合で
筋肉痛と疲労でせっかくの祭日に
朝食はすませたのに、又、横になってしまった。
それでも、新機材の買ったばかりの20倍の双眼鏡を使ってみたいので
観音崎に行ってみる事にしました。
街中では絶対使えそうもない大きさの双眼鏡です。(覗き行為に見えてでヤバイです)
筋肉痛を和らげるには少し動いた方が良いので
京急馬堀海岸駅から観音崎まで歩く事に
e0108233_23371029.jpg
綺麗な住宅地は郵便局もシャレていて綺麗です。
e0108233_23391994.jpg
住んでみたいです。
e0108233_23402287.jpg
霞んでいましたが猿島はすぐそこです。
e0108233_23411529.jpg
温泉施設も充実している馬堀海岸付近
e0108233_23421912.jpg
走水海水浴場は少しレトロの雰囲気です。
e0108233_23444112.jpg
海水浴場の近くの水汲み場、歩かないと気が付きませんね。
e0108233_23455419.jpg
バス停の待合展望台、良いですね。
e0108233_23465398.jpg
車や自転車では通り過ぎていて気が付きませんでした。
e0108233_23475263.jpg
走水神社ここも寄ってみました。
e0108233_2348547.jpg
神社の展望ベンチでコンビニおにぎり、燻製卵の昼食です。
e0108233_2350922.jpg
危険な展示物です。
e0108233_23524431.jpg
ここも初めてのデッキロードです。
e0108233_23532837.jpg
眺めの好い気持のよいベンチでした。
e0108233_23543913.jpg
ここでデッキロードは終わりです。
e0108233_23554910.jpg
10倍と20倍の双眼鏡を持って行きました。
灯台の展望台は常に風があり、ほてった体を冷やしてくれました。
コムクドリの大群が下に見える木の葉に来て、木の実を食べるのが
眼の前で見えるのは20倍の双眼鏡の威力です。
立体感が抜群に感じられる光景で、10倍では感じられないものでした。
使える20倍付近の双眼鏡ではお得感抜群ですよ(個人的感想)
e0108233_23565932.jpg
陽のあたるので釣り用日傘を
本当は馬堀海岸から観音崎灯台受付まで長時間付けて来ました。
すれちがう人は少なかったので恥ずかしさは無かったのですが
観音崎に近付くにつれ、サングラスを忘れた事を後悔しました。
e0108233_23594112.jpg
下から灯台を20倍の双眼鏡を使って撮ってみました。
デジスコ撮影(35ミリ換算で1000ミリ)撮影時間がある時の緊急証拠撮影用です。
e0108233_044466.jpg
ニコン モナーク 5 20×56双眼鏡
外に初持ち出し感想は、、、
中途半端でない倍率が、、、
凄い、、、、、
面白い、、、、
たいしたもんです、Nikonさん。
手作りアイカップが余分な光をシャットアウトしてくれて
晴天時の船舶観察には良いです。
純正品のアイカップを作ってください、
横からの光の侵入で性能半減ですよ(めがけ掛けの人ごめんなさい)
霞んでいた東京湾ですが、富津岬の展望台の人は
10倍の双眼鏡では見えなかった(霞んでいなければ見えるかも)のですが、Nikonの20倍は確認できました。
フィールドスコープ的な威力です。
海水浴場を見ているのではありませんよ。
夏は海水浴場が視堺にある所では使っては誤解されますので注意しましょう。

e0108233_075216.jpg

[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-22 00:14 | 機材

ニコン モナーク 5 20×56のウィング・アイカップ

純正品が無さそうなので
自転車のタイヤチューブをハサミで加工して付けてみました。
赤丸の物が手作りウィング・アイカップ
e0108233_13849.jpg
見た目重視の方にはお勧めできませんが
効果抜群です。
シングルヒットのアイデアではと自慢しちゃいます。
使わない時には外側に折り曲げて、付いているレンズキャップも装着出来ます。
勿論、簡単に取り外しもできます。
最高級の双眼鏡のウィング・アイカップは定価4千円もするんですね。
e0108233_1393982.jpg

[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-19 13:19 | 機材

ニコン モナーク 5 20×56

ニコン の双眼鏡を買ってしまった。
それも 20倍の高倍率、普通の人は手を出さないだろう?
普段使いは8倍前後の倍率がレンズ口径に関係なく最適だと思う。
低倍率も演劇等には良いかもしれない。
価格.com でも口コミが少ない、得体のしれない物である。
使い道が少ないであろう物で、溝にお金を捨てる覚悟で買った(イイワケ?ないよ)
病気、変人、物欲、、、、非難されても仕方ないね。
価格.comから画像をお借りしました。
e0108233_10561025.jpg

Nikonの双眼鏡シリーズではモナーク 5は中間的な価格帯で高級品の部類ではない(個人的見解)
5万円以上して最高級双眼鏡と思う人もいるのも事実だと思いますが、
使いものにならない双眼鏡が低価格で最高級双眼鏡として売られているのも確かで、
その品に満足している人を否定する気はありません。
中古市場ではまだ少ない様で、転売も考えれば新品購入で元箱も捨てない、しっかり者ボケ老人なのでご勘弁ください。
レンズ口径が56ミリ、20倍、EDレンズ使用、、、、
もしかして
デジスコで使えるかもと馬鹿な事を考えてしまう。
デジカメを付けてみました。NikonV1で18.5ミリレンズ(35ミリ換算50㎜)
20倍なので35ミリ換算1000ミリ
e0108233_119771.jpg

夕方で距離もあり撮影条件は悪かったのですが
EDレンズを使っているとは思えない結果の様に見えます。
10メートル前後も撮れば良かったのですが、、、
e0108233_11234689.jpg
家に帰って来てからコーワ884と撮り比べてみました。
カメラとレンズは同じです。
e0108233_11274098.jpg
コーワ884でアイピースはTE-11WZの25倍付近を使用
e0108233_11322994.jpg
ニコン モナーク 5 20×56
眠たい画像でデジスコ使用では光学系を含めてダメだしします。
付属品の三脚アダプターは見る為の物ですが取り付け方法からしてグラグラします。
e0108233_11334674.jpg
デジスコでの使用は証拠写真程度と考える事にします。
カメラと双眼鏡の光軸を正確に付けられるアダブターを作り、ガタつかない様に三脚に装着出来ればもう少し良くなるかもしれませんが、
嬉しい画像になるのは難しいと想像します。
興信所の調査員が限られた機材でのお仕事では使われるのかも?(想像の翼です)
本来の双眼鏡としての使用では嬉しい誤算が沢山ありそうです。
最短合焦距離(m)はカタログでは5メートルですが、この個体は3.5メートル付近でも合焦します。
昆虫、花も楽しめそうです。
付属品の三脚アダプターは直ぐに付けて外さない事にしましたが、
手持でも十分に使える視野があると感じました。
夕方の初めての使用、短い時間でしたので何とも言えませんが
金額を気にしなければ上には上があると思いますが
この大きさで20倍実用は驚異です、Nikonの技術力は凄いです。
[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-19 10:57 | 機材

コアジサシ

今日も残業無しにして
コアジサシを撮りに
やったー!
でも、水柱にピント
e0108233_21591614.jpg
こちらもいま一歩ですね。
e0108233_21593146.jpg

[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-16 21:59 | 近所

コアジサシ

早起きしてアジサシを撮りに行きましたが
来てくれません
仕事を早めにきりあげて行ってみましたが来ません。
夕方5時半頃からは何度か来ました。
e0108233_62504.jpg
e0108233_634369.jpg

[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-16 06:31 | コアジサシ

コアジサシ

残業なしで夕方4日連続頑張って成果無し
手強いと言うより老人の運動神経では、、、、
目の前のダイブが何度もあったのに、フレームアウトにピンボケ
画像消しのゆだんでも
目の前でのダイブ
何故か、遠くではピントが合ったりして
オオトリのアジサシ
e0108233_2212744.jpg
e0108233_22222073.jpg
ノートリですがピントは水柱に
e0108233_22223348.jpg

[PR]
by oyazisandsu | 2014-07-14 22:09 | コアジサシ



写真好き、遊び好きのオヤジです。掲載されている写真、画像及び文章の悪用は禁止致します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
画像一覧